FC2ブログ
セブンあたるに会いに行こう。パチンコ・パチスロがもっと楽しくなるATARI7.COM

モテモテになりたいって思ったことありませんか?

パチンコ店 ホールパチンコで勝つ心理術

皆さん、モテモテになりたいって思ったことありませんか?

では、その為にはどうすればよいのでしょうか

それは「モテるためには、相手に自分を特別だと思わせればいい」のです!

特別だと思われたいのは当然なのですが、意図的にするのがポイントなのです。

相手から自分を特別な存在に思わせる』⇒『自分のテリトリーに入ってもらう』⇒『頂く♪

のような流れです。かなり簡単に書きましたが…。

これは、パチンコ店お客さんにやってる事と似ているのです

パチンコ店はお客さんに対して、「地域で一番出している!」というイメージを植え付けようと誘惑してきます。

もちろん、本当に「高設定多数でお出迎え」なら文句はありませんが、殆どの場合はそうではないでしょう。

では、何故いつも客がいっぱいのパチンコ店が存在するのか

それは、「お客さんに特別な店だと思わせる」ことに成功しているからです。

メール、マイク、高設定札、看板、とツールはいろいろありますが一番重要なのは出玉感

普段から、収支表などのデータを取らずに「見た目」だけで判断している方は危険です!

パチンコ店は、全体の出玉が同じでも、出ている席の配置によってイメージがまったく変わってきます

当然、大型店など繁盛しているパチンコ店は少しでも出ているイメージが強い配置をしています。

例えば、店側が看板機種と位置づけているのが今月から稼動が始まった「ぱちんこ冬のソナタ2」だとします。

だとすると、「ぱちんこ冬のソナタ2」は特に出ているイメージをお客さんに植え付けたいのです。

ですから、入り口から入って目に付きやすい場所に「ぱちんこ冬のソナタ2」の島を持ってきます。

または出しているイメージを植え付ける場所として

、『目立つ場所=目につきやすい場所』ではなく、『目に付きやすい場所=印象に残る場所』。

例えば…普段は目立たないけど、トイレに行く時に必ず通る場所などにも配置したりします。

では、皆さんの行くホールを思い出してください。

何となく、「この席が高設定の事が多い気がする」と感じたならそこには必ず理由があるのです。

この理由が見つけられたなら、あなたがパチンコ店の心理を逆手に取って戦略を練れるんです♪

スポンサーサイト



テーマ : コラム
ジャンル : ギャンブル

パチマニアについて
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
検索フォーム