FC2ブログ
セブンあたるに会いに行こう。パチンコ・パチスロがもっと楽しくなるATARI7.COM

パチンコ 宇宙戦艦ヤマト 攻略ポイント

パチンコ攻略 宇宙戦艦ヤマト宇宙戦艦ヤマトのゲージのポイントとは!?

前回は、宇宙戦艦ヤマトに関しては、ゲージ的にもかなり辛目であるということをお伝えしました。

そして仕様に関しても、この機種は辛目です。

そこで、今回は宇宙戦艦ヤマトのゲージを見る上でのポイントについてお話しいたします。

見るべきポイントは…

●寄り周辺
●ヘソ周辺
●アタッカー周辺
●ステージ上

などですが、それぞれ順番に解説していきます。

寄り周辺
寄りは風車周辺上だけでなく、ヨロイ上にも注意が必要です。

スルーチャッカーはプラスであれば基本的には問題ありませんが、その上を閉めて玉の勢いを殺してくるようなホールでは、大きなプラスが必要です。

それからスルーの上の釘が閉められてると、スルーはもちろんのこと、ワープにも通過率が低くなります。要チェックです!

ヘソ周辺
ゲージ構成が辛目なので、ヘソは明らかなプラス調整が望ましいです。
幅が広いのはもちろん大事ですが、上げ釘調整であるかどうかもチェックしてください。

それからジャンプ釘はヘソからなるべく離されてないような台を選ぶと良いでしょう。

アタッカー周辺
アタッカーはゲージ自体はそんなに甘くないですが、内部のセンサーまでの距離があるために、一般的な機種よりも重複入賞が期待できます。
つまり、釘調整が甘ければ甘いほど多くの出玉が期待出来るようになっているのがポイントです。

とはいっても、この部分が悪い調整だと当然重複入賞は軽減するので、マイナス調整が目立つような台は要注意です。

ステージ
ステージは3割を越える台がほとんどですが、流れてきた玉が、すぐに勢いがなくなってしまったり、いつも左右の脇の方で死んだりするようだとセンター穴を抜けにくくなり、入賞率を下げることになります。

また、ステージで複数個の玉が遊んでも入賞率自体は落ちませんが、穴を抜けた弾の入賞率を妨げないためにもステージ止めは是非とも実践した方が良いでしょう。

いかがだったでしょうか?

ゲージの見るべきポイントを知ってるかどうかで、勝敗にかなり影響してくる機種ですから、今、述べたことをしっかりと頭に叩き込んでおきましょう!

それから最後に確変中の打ち方をアドバイスいたしますね。

このヤマトの確変中の電チューは2回開きで、小デジタルの回転時間は保留4個消化時なら約1秒、保留3個消化時なら約2秒、保留1個~2個で約5秒と状態によってかなり違います。

確変中や時短中の止め打ちもその状態ごとで使い分ける必要がありますが、止めるのはいずれも『1回目の電チュー開放が終わる頃』で構いません。

そこから1秒、2秒、5秒後……と打ち出す時間を変化させていけば良いのです。

もしこれが面倒だと思うのであれば、回転時間の長い保留1~2個消化時だけでも止め打ちすれば大丈夫でしょう。

『宇宙戦艦ヤマト』の攻略情報をホームページで無料公開中!
スポンサーサイト



テーマ : パチンコ・パチスロの攻略法
ジャンル : ギャンブル

パチマニアについて
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSリンクの表示
検索フォーム